黒き艦娘、闇艦娘との闘いの火蓋が切って落とされる!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【艦これ】くちくズ
第03話 任務:電、深海棲艦駆逐イ級を育てよ!



 ここは某国、某県、某市、某港にある、とある鎮守府。
 この物語は艦娘と深海棲艦との凄まじいまでの激戦の記録……ではない。
 戦闘さえなければ、艦娘達も普通のお年頃な女の子。
 今日も提督と艦娘達によるほのぼのとした一日が始まる。

 ぽかぽか陽気な昼下がり。
 お昼ごはんを食べたばかりな雷と電は満腹気分に浸りながら、ベッドの上でごろごろしている。

“イキューン”

 どこからか生き物の鳴き声が聞こえた。

「??……気のせいか?」

 雷はいぶかしげな顔をするも、気を取り直してンーッと伸びをする。

“イキューン”

 雷はバッと身体を起こす。
 何かいる! そう思った雷は周囲をきょろきょろと見渡す。
 すると、そろそろ足でクローゼットに向かう電を見つけた。
 雷は妙な行動をとる電の様子を観察すべく、黙って電を見つめる。

「ぬき足、さし足、しのび足……なのです」

 そうつぶやきながら、物音をたてずに気配を消して歩く電。
 しかし声を出しながら歩いている時点でバレバレである。
 なんともはや、ひどく残念な感じになっている電。
 とっくに雷にバレているとも知らずに、電はクローゼットの前にまでやってきた。
 そして、そぉっと扉を開ける。

「イキュちゃん、シーッ、なのです……雷お姉ちゃんに見つかってしまうのです……」

「ほぉーッ、声の主はイキュちゃんっていうのかぁ」

 突然背後から雷の声が聞こえて、電はビクッと飛び跳ねる。
 クローゼットの奥の方に、ダンボール箱に入った生き物が見える。

「だ、ダメなのですッ! 何もいないのですッ!」

「何がダメなんだ? 何かいるから何もいないって言うんだろ?」

 クローゼットの前で立ちふさがる電を押しのけ、雷はクローゼットに首を突っ込んでダンボール箱の中身を覗き込む。

「……え? 何だこいつ……って、ぅうわあああぁぁぁッ!」

 雷はずざぁと素早く後ずさり、クローゼットにいる生き物に向かって12.7センチ連装砲を構える。

「だ、ダメなのですッ!」

 電はとっさにダンボール箱にいる生き物を抱きかかえ、素早くその場を離脱した。

「電ッ! お前、それ、深海棲艦の駆逐イ級じゃねーか!」

 電はぎゅうと駆逐イ級を抱き締めながら、雷から守るように自分の身を盾にする。

「確かに深海棲艦なのです……なのです……でも、この子は……大丈夫なのです……」

 電は声を震わせ、涙目になって駆逐イ級をかばう。

「何考えてんだよ、バカ電ッ! 深海棲艦は敵だぞ! 私らはそいつらと戦うために、この鎮守府にいるんだぞ!」

「……そ、それでも……この子は大丈夫なのです! この子は大丈夫……大丈夫なのです……」

 電は駆逐イ級を抱きかかえながら泣き出してしまう。

“イキューン”

 そんな電の様子を知ってか知らないでか、駆逐イ級は無邪気に電の頬をぺろぺろする。

「イキュちゃん……くすぐったいのです……」

 はた目から見ると、まるで子犬と戯れるいたいけな少女であるが、実際には駆逐イ級を抱きかかえる艦娘である。
 とはいえ、駆逐イ級は電にとても懐いていて、危害を加えるような様子もなく素振りもない。
 倒すべき敵を抱きかかえる妹……あまりにもシュールな状況に雷は困惑する。

「……電……まさかとは思うけど……そいつをどうする気だ?」

 嫌な予感がしつつも、雷は電に質問をする。

「飼うのです!」

 嫌な予感が的中してしまい、雷は大きく溜息をついた。

「電……それは無理だな……絶対に無理だって……お前、内緒でそいつを飼う気か?」

 電は雷をまっすぐに見つめながらウンと頷いた。

「でもなぁ、私にバレちゃった時点で、もう内緒にしておけないぞ? さすがにこれは……黙っておけないって」

 雷は複雑な気持ちになりつつ、電を諭すように話す。

「なら……提督に言ってみるです……」

「言ってみるって、提督にか?! 深海棲艦を飼いたいですって? 無理だって絶対に」

「言ってみないとわからないのですッ!」

 電は部屋の扉をバァンと押し開け、イキュを抱きながら駈け出した。
 雷は溜息をついて、ぽそっとつぶやく。

「まったく、大人しいくせに頑固なんだよなー、電は」

 ――――――

 ――――

 ――

「ダメだ! うちでは飼えないぞ!」

 提督に怒鳴られてしまい、電はビクンと身をすくめる。

「電、深海棲艦はイヌやネコとは違うんだぞ? 生態調査という意味で捕獲するのであればともかく」

「なら、生態調査ということで飼うのですッ!」

「だから飼えないって……それに生態調査となれば、様々な調査、実験をされた末に、最終的には解剖されてしまうだろう」

 電はイキュをぎゅうと抱き締めて提督を睨みつける。
 提督は溜息をつきながら困り顔になっている。
 そんなふたりのやり取りを見ていた秘書艦である陸奥は、にっこりと笑みながら46センチ三連装砲を撫でる。

「この子、この場で沈めちゃいましょう」

 46センチ三連装砲の砲口をイキュに向ける陸奥。

「うわぁーんッ! ダメなのですッ!」

 電は大泣きして司令官室を飛び出して行ってしまう。

「陸奥……脅かしすぎだ」

「だって、飼えないのは本当でしょ?」

「それはそうだが……あれで諦めてくれるだろうか」

 提督はやれやれと大きく溜息をつきながら、後味が悪そうに苦笑いしている。

 ――――――

 ――――

 ――

 海辺のコンテナ置き場は人の出入りが極端に少ない。
 電はきょろきょろと辺りを見渡しながら、コンテナ置き場の奥の方へと入っていく。
 そこには子供の手作り感たっぷりな小屋が建てられている。
 そして中にはボロ毛布にくるまっている駆逐イ級がいる。

「イキュちゃん、ごはんを持ってきたのです」

 電の声が聞こえたイキュは、イキューンと鳴いて小屋から顔を出す。
 電がアルミ製のボウルに燃料を注ぐと、イキュは嬉しそうにぺろぺろと舐め飲む。
 そんなイキュを見て電はほっこりとした笑顔を浮かべ、イキュの頭を優しく撫でる。

「イキュちゃん、また来るのです。ここで大人しくしてるのです」

“イキューン”

 電は後ろ髪を引かれながらも、きょろきょろと辺りを見ながらコンテナ置き場を後にする。

「やっぱりなぁ、電のやつ……しょうがねーなぁ」

 コンテナの上で腕組みしている雷は、やれやれな顔をしながら電を見下ろしている。

「このまま何も起きなきゃいいけどなぁ」

 雷はぴょこんとコンテナから飛び降りる。
 そして困ったように頭を掻きながら、電に見つからないように自室に向かう。

 ――――――

 ――――

 ――

 こっそりとイキュを飼いだした電は、自分に配給された燃料を密かに持ち帰り、イキュのごはんにしていた。
 そして毎日3食、欠かさずにイキュにごはんをあげている。
 例え雨が降ろうとも、例え遠征後の疲労度マックス状態であっても、例え出撃後の大破状態であっても、イキュへのごはんは欠かさなかった。
 そんな電を影から見守る雷。
 このまま秘密を守り通し、いつまでもイキュを飼い続けていく……なんてことは不可能である。
 こういった秘密は、ふとしたことで見つかってしまうものである。
 案の定、その日は来てしまった。

「イキュ、ごはんなのです」

 お昼ごはんの燃料を持ってきた電は、小屋に向かって声を掛ける。
 いつもならイキューンと鳴いてひょっこりと顔を出すイキュなのだが、鳴き声も無ければ顔も出さない。
 不審に思った電は小屋に頭を突っ込む。

「あれ? イキュちゃん?」

 そこにイキュの姿が無かった。
 いつもは毛布にくるまって大人しくしているイキュなのだが、どういうわけかイキュがいない。

「い、イキュちゃん!」

 電は慌ててイキュを探しだす。

「イキュちゃーん! イキュちゃん、どこなのです!?」

 必死になってイキュの名を呼んで探す電。
 そんな電を止めるように雷は電の肩を掴む。

「バカ電ッ! 名前なんか呼んだらみんなにバレちゃうだろ?!」

 電はハッとなって口をつぐんだ。

「雷お姉ちゃん!? なんでここに? どうしてなのです?」

 イキュを飼うことに反対していた雷が電を味方してくれて、電は不思議そうに雷を見つめる。

「今はそんなことどーでもいいだろ! んなことよりイキュを探すぞ! イキュが誰かに見つかったらシャレにならない」

 電はウンと頷いてイキュを探す。

「コンテナ置き場にはいなそうだな。もしかするとドッグの方に行ったのかもしれない」

 雷はドッグに向かって走り出す。
 電は雷を追いかけるように雷のあとをついていく。

「雷お姉ちゃん、ありがとうなのです」

「はぁ? 何か言ったか?」

「本当は聞こえているくせに。雷お姉ちゃん、ありがとうなのです」

 もうすぐドッグに着くというところで、ドッグから騒がしい声が聞こえた。

「敵だわ! 深海棲艦がいるわ!」

「敵のスパイか? 絶対に逃がすな!」

 遅かった……そう思った雷と電は息を切らせながらドッグに入る。

“イキューン”

 イキュが艦娘達に取り囲まれている。
 イキュは必死に逃げようとするが、完全に囲まれてしまって逃げ場がない。

「五十鈴にまかせて」

 五十鈴は20.3センチ連装砲をイキュに向ける。

「ダメなのですぅッ!」

 電は体当たりして五十鈴を突き飛ばした。

「いったぁい! お尻を打っちゃったじゃない! 何するのよ、もう!」

 電は素早くイキュを抱きかかえ、その場から逃げだす。

「ちょ、ちょっと待ちなさい! どこ連れていくのよ!」

 艦娘たちが一斉に電を追いかける。
 いくら足の速い駆逐艦とはいえ、イキュを抱いたままでは逃げきれない。

「おっと、ごめんなぁ」

 雷は機械油の入ったドラム缶を蹴り倒した。
 艦娘達は地面にまかれた油に足をとられ、つるんつるんと転んでじたばたする。
 立つこともままならない艦娘達は、くんづほぐれつの大参事である。
 その場から動けないでいる艦娘達を確認し、雷は電を追いかける。

「おーい! 電ッ!」

 ドッグの外に出ると、電はイキュを抱きながら海の前で立ち尽くしていた。

「う、うぉおッ! ま、マジかよ!」

 雷は驚きの声を上げる。
 電の目の前には巨体の深海棲艦、駆逐ニ級が横たわっている。
 雷はとっさに12.7センチ連装砲をに駆逐ニ級向ける。

「雷お姉ちゃん、違うのですッ!」

 電に呼び止められ、雷は動きを止める。

「あなたは……イキュちゃんのお母さんなのですね?」

“ニキューン”

 駆逐ニ級は電に答えるように、低い鳴き声を上げる。

“イキューン! イキューン! イキューン!”

 電に抱かれていたイキュは激しく鳴きだし、電の胸から飛び降りる。

「あ、イキュちゃんッ」

 イキュは駆逐ニ級に走り寄る。
 電はとっさにイキュを追いかけようとしたが、足を動かすことができなかった。
 母親の元に戻ろうとするイキュを止めることなど、電にはできない。
 電は唇を噛みしめながら、流れ落ちようとする涙を必死にこらえる。

「電……」

 肩を震わせながら、何かに耐えている電。
 しかし雷にはどうすることもできない。
 電とイキュを見守ることしかできない。

“イキューーーン!”

 イキュは電に向かって長い鳴き声をあげた。
 まるでさよならを言っているかのようである。
 そんなイキュに向かって、電はにっこりと笑顔を見せる。

「よかったのです、イキュちゃん。お母さんと会えて」

“イキューーーン”

“ニキューーーン”

 イキュと駆逐ニ級はどぼぉんと海に飛び込んだ。

「電……」

 海に向かって笑顔を向けながら立ち尽くしている電。
 その頬には、いくすじもの涙道が通っている。

「ばいばーい! イキュちゃーん! 元気でねー、ですー! ……うわあああぁぁぁんッ!」

 遂に泣き出してしまう電。
 そんな電の頭を雷は優しく撫でてやる。

 ――――――

 ――――

 ――

 ひとしきり泣いた電は、落ち着きを取り戻して海を見つめている。

「もしかしてイキュのやつ、大きくなったら私らと戦うことになるかもだぞ?」

「そのときは全力で闘うのです」

「そっか、お前って変に強ぇーのな」


(任務達成)

目次はコチラ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musclerouge.blog.fc2.com/tb.php/282-87e08ade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。