黒き艦娘、闇艦娘との闘いの火蓋が切って落とされる!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【艦これ】くちくズ
第02話 任務:はじめての大型艦建造!



 ここは某国、某県、某市、某港にある、とある鎮守府。
 この物語は艦娘と深海棲艦との凄まじいまでの激戦の記録……ではない。
 戦闘さえなければ、艦娘達も普通のお年頃な女の子。
 今日も提督と艦娘達によるほのぼのとした一日が始まる。

 ぽかぽか陽気な昼下がり。
 なんだかドッグの方が騒がしい。
 雷と電は廊下の窓からドッグを見つめている。

「みなさん集まっているのですぅ」

「今日って何かあんのかぁ?」

 雷と電の背後から不敵かつ不気味なテンションの笑い声が聞こえてくる。

「クックックッ、ふははははははぁ! よくぞ聞いてくれたぁ!」

 雷は振り向きもせずに、ドッグの方を向いたままツッコミを入れる。

「別に提督には聞いてないけど」

「んぐぅぉッ」

 提督は一瞬涙目になるが、すぐに気を取り直して勝手に話を続ける。

「よく聞けぃ、雷に電よ! 実は今日、はじめての大型艦建造をまわしたのだぁ! こんなセレブリティなこと、金も資材も乏しい我が母港ではむしろ暴挙! 奇行! しかしそれをあえてやったのだよ!」

 興奮度マックスでテンションが上がりまくっている提督に、雷と電は乾いた笑みを返す。

「へ、へぇ~、そうなんだ」

「そうなんだ! そしてそろそろ建造が完了する! 他のみんなはドッグに集結しているぞ! お前達も来い! 急ぎドッグに集合だぁ!」

 提督は雷と電をひょいと抱え上げ、ぴょんこぴょんこ飛び跳ねながらドッグに向かって走り出した。

「提督、とっても嬉しいそうなのですぅ」

 提督に抱えられている電は雷に話しかける。

「そうだな。うっとおしい勢いで喜んでるな。でも、現実はどうかなぁ」

 雷はハァと溜息をついた。
 そうこうしているうちに、提督と雷と電はドッグに到着した。
 提督は雷と電を降ろすと、その場でへたりこんでしまう。

「はぁ、はぁ、はぁ、つ、疲れた……」

 へたりこんでいる提督に気がついた陸奥は、提督の前で膝に手をついて腰を屈める。

「大丈夫かしら、提督? 日頃の運動不足がたたってるんじゃない?」

「いやいや、これでも海軍兵学校では運動能力トップクラスだったんだ。それに日頃のトレーニングだって欠かしてないぞ。でもな……」

 提督は雷と電を指さして涙を流す。

「あいつらが搭載している武器が尋常じゃなく重たいんだよ……金属の塊だもの、あれ……」

 陸奥はハイハイと呆れ顔になりながら、提督の首根っこを掴んで無理やりに立たせる。

「それより提督も手伝ってよ。もう時間がないんだから」

 よくよく周りを見てみると、艦娘達は歓迎の用意に大忙しで、せわしなく走り回っている。
 陸奥は提督の首根っこを掴んだまま、ドッグの前に用意された紅白のゲートをくぐった。
 そこには、間宮が作ってくれたご馳走がテーブル上にぎっしりと置かれている。

「まだまだ、じゃんじゃん料理が出来上がってくるから、もっとテーブルと椅子を用意して!」

「了解であります!」

 提督はビシッと敬礼をして、すたこらと走っていってしまう。

「みんな忙しそうだな」

「忙しそうなのです」

 取り残された雷と電はテクテクと歩いて周りを見渡す。
 紅白のゲートには“ようこそ我が鎮守府へ”と書かれた看板が掲げられている。
 その奥では、間宮が尋常ではない速度で次々に料理を作り上げていく。
 艦娘達は様々な装飾やら準備に追われていて、どこから徴収したのか神輿や打ち上げ花火まで用意されている。
 もはやお祝いというよりはお祭りな勢いである。

「……がっかりな展開にならなきゃいいけどな」

「?? 何か言ったですか?」

「いや、なんでもない。それより間宮ねーちゃんとこ行ってみよう。美しすぎるお料理艦娘の華麗すぎる神業が見れんぜ」

 雷と電は足早に間宮の元へ向かった。

“ドシュッ! ずばばばぁ! シュバシュッ! びゅずどどどぅ!”

 間宮は近寄り難い雰囲気を漂わせながら、凄まじい風切音と共に恐ろしい速さで料理を作りだしていく。
 食材を宙に投げると、鋭い動きで包丁を一振りする間宮。
 すると食材はきれいに切り揃えられ、皿の上に降り落ちる。
 皿に落とされた食材はまるで盛り合わせたように美しく並んでいる。

“じゅぼぉあッ! ゴオオオォォゥッ! じゅわああぉぉぉッ!”

 今度は5つの鍋を一気に火にかけていて、間宮は目で追えないほどの速さでそえぞれの鍋を振っている。
 まるで5人の熟練料理人が鍋を振っているかのようだ。

「やっぱすんげぇな、間宮ねーちゃんは」

「やっぱすんごいのですぅ」

 皿を置くカタンッという小さな音と共に最後の料理が完成し、間宮は静かに動きを止めた。
 これと同時に、ドッグ内放送のアナウンスが流れる。

「お知らせします。建造完了60秒前です。繰り返します。建造完了60秒前です」

 これを聞いた提督は叫ぶように皆に伝える。

「うおおおおおおおッ! きたきたきたぁ! 遂にきたぁ! みんな、並べぇい! お出迎えだぁ!」

 艦娘達はドッグ前に整列し、ビシッと起立してドッグを見つめる。

「お知らせします。建造完了10秒前です。繰り返します。建造完了10秒前です」

「よぉし! みんなでカウントダウンだぁ! いくぞぉ!」

 艦娘達は声を揃えてカウントダウンを始める。

「ごぉ! よぉん! さぁん! にぃ! いぃちぃ!」

「お知らせします。建造完了です。繰り返します。建造完了です」

“ばしゅぅぅぅうううん”

 白煙のような蒸気と共に、その艦娘は現れた。
 しかし、もくもくと立ち込める蒸気に姿が隠されてしまい、提督はじれじれにじらされる。
 提督は蒸気に映し出されているシルエットに向かって声を掛ける。

「ようこそ、我が鎮守府へ! さっそくだが、自己紹介をお願いする!」

「あ、えと、そ、そうですか? で、ではぁ」

 どことなく間延びした声で、恥ずかしそうに答える艦娘。

「初めまして……三式潜航輸送艇まるゆ、着任しました」

 蒸気が消え去り、真っ白いスルール水着に身を包んだ極端に小柄な少女が姿を現した。
 周囲にはシーンとした無音とも言えるほどの静寂が流れる。

「……聞いてない」

「え?」

「……聞いてない……聞いてないぞぉぉぉッ!」

 提督は肩を震わせながら天に向かって吠えた。

「え?聞いてないって……そんなあ!」

 まるゆは涙目になって身をすくめる。
 吠えた提督は真っ白になり、完全に燃え尽きてしまった。

「提督、いったいどんな分量で建造したんですか?」

 真っ白になって「あああああああ」としか言わなくなった提督に歩み寄る陸奥。
 そして提督が手にしているメモを覗き込んだ。
 そこには“1500/1500/2000/1000”と書かれていた。

「あー、最低値ってやつですねー」

 呆れ顔になってヤレヤレと溜息をつく陸奥。

「提督が最低値ッスねー」

 意地悪な笑みを浮かべながらジト目で提督を見つめる鈴谷。

「テートクぅー! 建造時間17分の時点で、おかしいと思いなヨー!」

 金剛は豪快ほがらかに笑いながら提督の背中を殴打する。

“ずべしゃぁ”

 もはや魂が抜けてしまった提督は、力無く地面に倒されてしまう。
 そんな提督の反応を見て艦娘達は溜息をつき、わらわらと散ってまるゆの歓迎会を始める。

「マイク音量大丈夫? チェック、1、2……よし。ようこそ、まるゆちゃん、私達の鎮守府へ」

 霧島は花束をまるゆに渡した。

「あ、ありがとうございますぅ」

 艦娘達は間宮が用意したご馳走を頬張りながら、パチパチと拍手をする。

「あああああああ」

 提督は明後日の方向を見つめながら、生気のない声を漏らし続けている。
 艦娘達はそんなポンコツになった提督には見向きもせず、きゃいきゃいと黄色い声を上げながらどんちゃん騒ぎが始まった。
 もはや歓迎会というよりはお祭り騒ぎである。
 酒も入っていないのにここまで乱れ騒げるのかと驚嘆してしまうほどに、艦娘達は騒ぎに騒ぎ、はめを外しに外し、全力で乱れに乱れた。

 ――――――

 ――――

 ――

 祭りも終わり、自室に戻ってきた雷と電はベッドの上に転がっている。
 そしてまったりと窓から入る日の光でひなたぼっこをしている。

「あー食べた食べた。間宮ねーちゃんのご馳走は至高のメニューだなぁ」

「きっと間宮ねーちゃんにはグルメ細胞が備わっているのです」

 うふうふと幸せそうにゴロゴロしている雷と電。
 そんなふたりの目に、挙動不審に辺りをきょろきょろと見渡しているまるゆの姿が映った。

「あれ? あの子……確か、まるゆちゃんなのです」

「あー、あの超期待の期待外れッ娘なー」

「そういう言い方、ひどいのです」

 電は開けっ放しにしていた扉からひょこっと顔を出し、廊下をうろうろしているまるゆに声を掛ける。

「どうしたのです?」

「あ、艦娘の方ですね。あのー、ひとつお伺いしたいのですが」

 テテテッとまるゆは電に近寄った。

「はい? なんでしょうです?」

「あのぉ……まるゆは何をしたらいいのでしょう?」

 電は目を点にして不思議そうにまるゆを見つめる。

「……あれ? 提督から何も聞いていないのです?」

 まるゆは目に涙を浮かべながらもじもじと身を揺すって話す。

「それが、隊長さんは真っ白けになっていて、死んだ魚の目をした動く死体みたいになってて、何も教えてくれなくて……それどころか会話すら出来ない状態というか……」

「あー、あいつまだ放心状態から脱却できないでいるんだなぁ。しゃーない、ついてきなぁ」

 雷は頭の後ろで腕を組みながら、とてとてと部屋を出ていく。

「え? あ? ええッ?」

 状況が把握できないでいるまるゆは、まごまごしたまま固まってしまう。

「私が庁舎内を案内したやるよ、と雷お姉ちゃんが申しているのです」

「余計なこと言うな電。さっさとついてきなぁ」

「はいなのですッ!」

 電はまるゆの手を引いて、テテテッと雷の後を追う。
 まるゆは電に引っ張られながら、テテテッと早足になってついていく。

「あ、あのッ!」

 まるゆに声を掛けられて、雷と電が振り向く。

「よ、よろしくお願いしますッ!」

 雷と電はにっこりと笑んで、まるゆの背中を叩く。

「きゃぅッ」

 バァンという音と共に、まるゆは目をまん丸にする。

「おう! よろしくな! 白スク娘ッ!」

「こちらこそよろしくなのですッ!」

 まるで新しい妹ができたかのように、雷と電はまるゆの手を引いて駆け出した。
 まるゆは嬉しそうに笑みながら、新しくできたふたりの姉に引っ張られていく。

(任務達成)

目次はコチラ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musclerouge.blog.fc2.com/tb.php/281-eaaeca1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。