FC2ブログ
黒き艦娘、闇艦娘との闘いの火蓋が切って落とされる!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【艦これ】くちくズ
第01話 任務:艦隊名を受け入れよ!



 ここは某国、某県、某市、某港にある、とある鎮守府。
 この物語は艦娘と深海棲艦との凄まじいまでの激戦の記録……ではない。
 戦闘さえなければ、艦娘達も普通のお年頃な女の子。
 今日も提督と艦娘達によるほのぼのとした一日が始まる。

 ぽかぽか陽気な昼下がり。
 素敵なランチのあとにお昼寝でもしたくなるような、のんびりとした心地のよい雰囲気が流れている。
 そんなステキ雰囲気をぶち壊す、悲痛でソウルフルな叫び声が司令官室から鳴り響く。

「くちくズ……クズ!? クズってゴミってことですぅ?! うわぁーん!」

「ちょ、おいおい、クズとかゴミとか思ってないって」

 あまりのショックで激しく泣きだしてしまった電。
 そんな泣きじゃくっている電を必死になだめる提督。
 そしてふたりのやりとりをナマ暖かい目で見守る雷。

「解体です? 解体されちゃうです? クズでゴミな電は、どーせ解体されて資材になるのですぅ! うわぁーん!」

 そして電は泣きながら司令官室から飛び出して行ってしまう。

「ちょ、ちょっと待てって、電ッ! ぅおーい!」

 慌てて電を追いかける提督であったが、廊下に出ると既に電の姿は無くなっていた。

「あーあ、これはアレだな、間違いなく」

 雷は頭の後ろで手を組みながら、やれやれな顔をしてつぶやいた。

「やっぱり……アレか? ……アレなのか?」

 提督はげっそりした顔をして、悲しげに雷を見つめる。

「残念ながら発動しちゃったな。電のリアルかくれんぼが」

 提督はその場にくずおれ、四つん這いになってうちひしがれる。

「あああああ……発動しちゃったのか、リアルかくれんぼ……ぬぐわああああああ……」

 リアルかくれんぼとは何か?
 それは逃走する電を庁舎中探しまわらねばならない、一種のサバイバルな本気かくれんぼである。
 たかがかくれんぼと思うことなかれ、電の持つステルス能力は異常ともいえるほどに高機能で、はっきり言って見つけられない。
 庁舎中をどんなにくまなく探しまわっても、どんなに人員を動員しようとも、全くもって電を捉えることはできない。

「そんじゃ頑張ってね、提督ぅ」

 雷は頭の後ろで手を組んだまま、すたすたと司令官室を出て行ってしまった。
 提督は四つん這いの恰好のまま、茫然としてうなだれている。

「……ぐぅおおおぉぉぉん……ぬぅぐああぅぅあああうあぁ……」

 さて、なぜこのような事態に陥ってしまったのか?
 ことの起こりは数分前、司令官室に呼び出された雷と電。

「お呼びなのです? 提督」

「どーしたんだよ、提督」

 雷と電はのほほんとした雰囲気を醸し出しながら、窓の前に立って外を眺めている提督に向かって声をかける。

「雷、電、お前たちが所属する第六駆逐隊についてなんだけどな。第六駆逐隊って艦隊名は正直堅苦しくてイカンと思う。そこでだ、今日から艦隊名をくちくズに変更してもらう」

「くちくズ? ずいぶんと可愛いらしい名前にしたもんだな」

 雷はフーンと鼻を鳴らす。
 対して電はガタガタと震えながら、涙目になって提督を見つめている。

「くちくズ……クズ!? クズってゴミってことですぅ?! うわぁーん!」

「ちょ、おいおい、クズとかゴミとか思ってないって」

「解体です? 解体されちゃうです? クズでゴミな電は、どーせ解体されて資材になるのですぅ! うわぁーん!」

 ――――――

 ――――

 ――

 ということなのである。
 そんなこんなで、完全にスネてしまった電を捜索するはめになった提督。

「くそぉ、やっぱり見つからない……全然見つからん……」

 たったひとりで、様々な箇所を懸命になって探す提督。
 さて、提督はなぜひとりで捜索しているのか?
 これには理由がある。
 実はこのリアルかくれんぼ、過去に何回か行われているのだが、いくつかの特徴があるのだ。

 特徴その1:どんなに人員を動員しても絶対に見つからない。
 何十人といる艦娘達全員で探しても、絶対に見つからないのである。

 特徴その2:最終的に見つけるのは、いつも提督。
 数時間かけて捜索した結果、やっとこ電が発見される。
 このとき、電は決まって司令官室にある提督の机の下で発見されるのである。
 そして電を発見するのはいつも提督なのである。
 提督以外の者が電を発見したことは今まで一度たりともない。
 もしかすると、電は提督に見つけて欲しい? のかもしれない。

 特徴その3:手抜きをすると絶対に見つからない。
 結果的に提督の机の下で発見されるのであれば、ある程度の時間が過ぎた時点で提督の机を探せばよいのである。
 なんてタカをくくって捜索しないでいると、どんなに時間が経過しても提督の机の下に電は現れないのである。
 どうやら電は、提督が探している姿をどこからか見ている? のかもしれない。

 そしてこれらの特徴を踏まえると、リアルかくれんぼ攻略のための法則が浮かび上がってくる。

 リアルかくれんぼ攻略の法則:提督がひとりで一生懸命に電を探して、もう限界と思えるほどに捜索したところで提督の机の下を確認すれば、電は見つかる。

 この法則によって、艦娘達は電の捜索を手伝ってはくれず、提督はひとりズタボロになるまで庁舎中を探し回らねばならないのである。

 ――――――

 ――――

 ――

 空が赤く染まり、日が沈みかけてきたころ。
 庁舎中をくまなく探し、それでも見つからなくて再度庁舎中をくまなく探し、それでも見つからなくて再々度庁舎中をくまなく探した提督。
 もう3周も庁舎中を探した。
 それでも電は見つからない。
 ここまで見つからないのははじめてだ。
 どうやら電はかなりの勢いでご立腹のようだ。

「もう……いいかな……」

 まるでフルマラソンを走った直後のように疲労している提督は、天に祈りながら提督の机の下を覗き込んだ。
 するとそこには膝を抱えながら泣き疲れて眠ってしまった電がいた。

「……んぁ、提督なのですぅ?」

 電が目を覚ました。
 提督は電の頭を優しく撫でて、にっこりと柔らかい笑みを浮かべる。

「電、くちくズって名前にしたのはな、せっかく可愛いらしい女の子なお前たちを、第六なにがしなんていう殺伐とした堅苦しい名前で呼びたくなかったからなんだ。愛嬌があって親しみやすい名前で呼びたかったんだよ」

「可愛らしい女の子……なのですぅ?」

「そうだ、お前たち艦娘は強大な力や特別な能力を持ってはいるが、でも普通の女の子じゃないか。確かに軍属の身ではあるが、俺の元にいるみんなには、なるべく普通の女の子と同じ生活をしてもらいたんだ」

「提督ぅッ」

 電はにぱぁと、嬉しそうに笑った。

「ま、提督がそんなこと思わなくたって、みんな勝手に女の子な生活しちゃってるけどな」

 いつの間に現れたのやら、提督の背後には雷がいた。
 提督は振り向いて苦笑いを返す。

「でもまぁ、その気持ちは嬉しいよ。みんなに代わって褒めといてやる」

 雷は提督の頭をいい子いい子してやる。
 提督はいい子いい子されながら複雑な笑みを浮かべている。
 そしていい子いい子されるまま、提督は電の方に顔を向ける。

「くちくズってさ、星クズみたいでカワイイだろ? ファンシーで、メルヘンで、プリテぇーだ」

「くちくズ……星クズ……ファンシーで、メルヘンで、プリテぇーなのですぅ!」

 電は机の下から飛び出して、提督に抱きついた。
 提督は電に抱きつかれながら、気恥ずかしそうに頬を掻いている。

「とはいえ、星クズって星のゴミだけどなぁ」

 ピシィッと、場の空気が粉砕する音が聞こえた。

「や……やっぱりゴミなんですぅ! うわぁーん!」

 電は提督を突き飛ばし、またも司令官室から駆け出した。

「クズでゴミな電は、やっぱり解体されて資材になるのですぅ! うわぁーん!」

 電はドップラー効果を効かせながら物凄い速さで逃走し、姿を消してしまった。
 そして突き飛ばされた提督は、司令官室の壁にめりこんでいた。
 さすがは艦娘、駆逐艦と言えどもその力たるやホッキョクグマにも勝るほどである。

「……な、なぁ、雷」

 壁にめりこんだまま、提督は雷に話しかける。

「もしかして……もしかすると……もしかしちゃってるのかな……」

「ああ、もしかしちゃってるな、こりゃあ」

「やっぱり……発動したのかな……」

「ああ、発動しちゃったな、リアルかくれんぼ」

 めりめりめり……どばたぁんッ!
 提督は壁から抜け落ち、床に倒れこんでしまう。

「雷は知ーらないっとぉ」

 雷は他人事のように、しれっと司令官室を出て行ってしまう。

「またか……またなのか……うおおおおおおぉぉぉおおおぉぉぉッ!」

 提督は床に顔を擦りつけながら、悲しすぎる咆哮を上げた。

 ――――――

 ――――

 ――

 とっぷりと丑三つ時。
 提督はひとりぼろぼろになって、泣きべそをかきながら電の捜索を続けている。

「……うう……ぐずん……電のステルス性は異常だよぉ……うえぇん……全然見つからんよぉ……へぐぅ……」

 どうしても見つからない。
 提督はブツンッとキレて叫び上げる。

「電ーッ! 俺の名を呼んでみろぉ! 俺は誰だぁ! 提督だぁ! あなたの提督ッ! みんなの提督ッ! お忘れですかぁ?!」

「うるせーッ!」

“がつぅんッ”

 どこからか缶が飛んできて、提督の頭に命中した。
 深夜に叫べば当然ながら安眠妨害になる。
 戦闘で疲れ切っている艦娘としては怒り出すのも当たり前である。
 ところで飛んできた缶であるが、缶と言っても空き缶ではなく、中身の入ったジュースの缶……でもなく、強化型艦本式缶である。
 あわや殺人事件という状況の中、提督は奇跡的に助かった。

「くそぉ……無駄に血と体力を失ったぞぉ……」

 その時である。
 遠くの柱の陰からこちらを見つめている電を発見した。

「電ッ! 見つけたぞッ! いいか、そこにいろッ! 動くなッ! 動かないでくれぇ! 頼むぞ、電ッ!」

 血まみれの提督は目を血走らせて電に向かって突っ走る。
 その瞬間、電は闇に身を溶け込ませ、そのまま姿を消してしまう。

「うぉい! 動くなって言った! 動くなって言ったぞぉ! うわああぁぁぁんッ! 電ッ! 電ちゃんッ! もはや電サマぁ! 頼むから逃げないでおくれよぉ! 提督からのお願いだ!」

 返事はない。
 静寂が提督を包み込む。

 ――――――

 ――――

 ――

 この日、提督によるひとり捜索活動は明け方まで続いたという。


(任務達成?)

目次はコチラ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musclerouge.blog.fc2.com/tb.php/280-0124ea8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。